施工実績

投稿日:

玄関ポーチと腰掛け台の施工風景

今回は玄関ポーチと腰掛け台を施工しました。

作業の流れ

まず、図面の寸法より大きめに掘って整地します。
掘ってブロックを組み積みする箇所をブロックで叩いて締め固めます。
次にモルタルを厚目に均し、ブロックを並べていきます。
後から継ぎ目に隙が無いようにアンカーの穴をあけて、アンカーを打ちます。
まずは穴だけあけておきます。
後からあけると、ハンマードリルで穴をあけるとき穴があけにくいのとのと、振動でブロックが動くからです。

コンクリートの天端と玄関ドアの下端までの高さを計算して、2等分して段の高さを決めます。
今回は24センチだったので一段の高さは半分の12センチです。
モルタルの塗りしろ2センチを控えた高さまでブロックを積んでいきます。

ブロックの天端に鉄筋をコの字に加工して埋め込みます。
後はモルタルで固定します。
段の形にブロックを積んだら、ある程度時間をおいてブロックの中を埋め戻していきます。
ある程度埋めたら足で踏んだりブロックで叩いて締め固めます。
8センチぐらいモルタルを塗るのですが、先にあけておいた穴にアンカーを施工してから天端にメッシュを並べます。
それからモルタルを均していきます。
天端をホウキで掃いて荒らしていきます。
側面も下擦りして1日目終了。

今回は4日乾かして仕上げ塗りを行ないました。
2日目は定木で測りながら段を角に定木を張って型を出していき、寸法どおりに塗りつけていきます。
段鼻は滑らないようにノースリップ鏝をついて、タイル風に施工します。
定木を打ち替えるのがなかなか熟練度がいります。
打ち替えるのが早いと角が垂れたりモルタルが定木に引っ付いてとれたりします。
出角の面は丸で15ミリ(5分)にしました。
段の入隅も丸にしてゴミが溜まりにくくなるように施工しました。
後は乾き加減を見ながら手際良く押さえて仕上げていきます。

腰掛け台も全て同様の手順で仕上げました。
腰掛けの方はノースリップ鏝は使いませんでした。
バッチリ男前に仕上がりました。

泉佐野・泉南などの左官工事は横山組
ただいま協力会社様・現場スタッフ求人募集中
〒590-0531 大阪府泉南市岡田6-16-17
電話:072-493-6555 FAX:072-493-6577

この記事を書いた人

カテゴリー 施工実績

関連記事

間知ブロックの補修

間知ブロックの補修

こんにちは!横山組です。 弊社は、大阪府泉南市に拠点を構え、大阪市近郊で左官工事や外構工事を承ってお …

刷毛とスポンジでした洗い出しの現場風景

刷毛とスポンジでした洗い出しの現場風景

こんにちは!横山組です。 弊社は大阪府泉南市を拠点に、左官工事・コンクリート工事・耐震工事・外構工事 …

大阪府 駐車場ベースプレート グラウト注入工事

大阪府 駐車場ベースプレート グラウト注…

大阪府 駐車場ベースプレート グラウト注入工事 注入部分を掃除 今回は立体駐車場のベースプレートのグ …